病院の紹介

私達のビジョン・診療方針

 

ダクタリ動物病院の診療方針

  1. それぞれの動物に、最も適した最高の医療及び治療・看護(ケア)・サービスを提供する為、惜しみない努力と日々の研鑽に努めます。
  2. ご家族様の満足と幸せはもとより、病院に集う人々(スタッフ及びその家族や病院に関わるすべての人々)の幸せを追求していきます。
  3. 地域の動物病院や動物関連企業・施設と獣医医療を通じ、より良い関係と連携を深め、地域に貢献を図ります。
病院概要

病院概要

名 称 ダクタリ動物病院 京都医療センター
代 表 森 尚志
設 立 1988年4月
診療動物 犬、猫、ウサギ、フェレット、プレーリードッグ、ハムスター、リス、カメ、ブタなど
年間診察件数 約52,000件
スタッフ数 獣医師18人、動物看護師21人、理学療法士1人、医療アシスタント2人、トリマー4人、受付10人、レストラン10人、事務局5名 総勢72人

※職員数は2015年4月現在
 住 所 京都市西京区御陵塚ノ越町20-9
 電話番号 075-382-1144
 駐車場 40台分完備
 地図/交通 アクセスマップをご覧ください。

 

沿革

  • 1988年  4月 京都市南区久世高田町に開院
  • 1993年  3月 京都市西京区大枝中山町に移転
  • 2007年  3月 京都市西京区御陵塚ノ越町に移転
  • 2009年12月 サロンダクタリ オープン
  • 2014年  2月 新館完成
  • 2014年  3月 新館『ブルスケッタ』『D Style』オープン

 

ご挨拶

ご挨拶

当院は、人と動物が共により健康に生活する事で、より豊かで安心して過ごしていただけるように、スタッフ一人ひとりが、より高度な動物医療サービスを提供するために、惜しみない努力をしています。

可能な限り、より良い動物医療サービスができるように、人と動物と自然環境保全のためになる事業を進めてまいります。これはご家族様と動物たち、さらに当院に係る全ての人々が、幸せに暮らせる社会を創ることが我々の使命であると考えるからです。

ダクタリ動物病院 京都医療センター
院長 
森 尚志

<プロフィール>

1984年: 日本大学農獣医学部獣医学科卒業  獣医師(獣医学修士、農学士)
1988年: ダクタリ動物病院京都病院 開院

  • 公益社団法人 京都市獣医師会会長
  • 公益社団法人 関西盲導犬協会 理事
  • 京都市動物愛護推進会議 委員長
  • 公益社団法人 日本動物病院福祉協会(JAHA)会員
  • テネシー州立大学公認CCRP
    (Certified Canine Rehabilitation Practitioner) 
    獣医理学療法士 認定医資格(2011年2月取得)
  • J-HABS特別マイスターインストラクター
  • 日本動物リハビリテーション学会会員
  • 日本獣医麻酔外科学会会員
  • 志学会 会員
  • ネオベッツ会員
  • 葉月会会員