当院の特色
facebook Twitter

第4の抗ガン療法

 免疫療法とは、第4の抗ガン療法の一つとされる、自己の細胞を用いる治療法です。

 主な抗ガン療法には、大きく分けると3つあります。手術で切り取る外科手術、抗がん剤投与、放射線です。ガンと診断されたら、ガンの種類によって適切な治療法を選択するべきです。しかし、高齢などで麻酔がかけられない、副作用が心配で抗がん剤を使いたくない、痛いことはしたくない、頻繁に通院できない、どの方法も無理と言われた。そんな場合に、第4の抗がん療法といわれるものがあります。それが、免疫療法です。その中でも代表的なものが、活性化リンパ球療法です。

活性化リンパ球療法

 活性化リンパ球療法とは、自分自身の体から採取した血液からリンパ球だけを分離、培養、刺激することで活発に働くようにさせ、再び体に戻す治療法です。リンパ球は血液の中を流れている細胞で、がんをやっつける働きがあると言われています。ただ、ガンも元は自分の細胞なので、普通の状態ではリンパ球でがんを小さくしたり、大きくなるのを抑えたりすることはできません。そこで、そのリンパ球を活発にして、少しでもガンと闘わせようというのが、『活性化リンパ球療法』です。自分の細胞を使うため、副作用がないのが最大の魅力です。しかし、効果がはっきりとはわかっていないのも現実です。ただ、理論では効果があるはずなので、今後少しずつ有効性が明らかにされていくでしょう。繰り返しになりますが、がんと診断されたら、まずは有効だとされる治療法を行うのが重要です。しかし、上記のような理由でそれが出来ない場合、もしくは、手術や抗がん剤、放射線に加えてさらに可能性のある治療法をしたいと考えている場合には、ぜひこの活性化リンパ球療法を考えてみてはいかがでしょうか。

活性化リンパ球療法の方法
  1. まず、血液を12ml採取します。小型犬でも体に負担のない量です。
  2. 次に、手順に従い採取した血液からリンパ球を取り出し、活性化・培養を行い、2週間後に回収します。
  3. それを点滴で体に戻します。つまり、1回の治療の期間は2週間です。
  4. また、細胞の取り扱いは、クリーンベンチと呼ばれる細胞を扱う専用の場所で、獣医師の監督のもと、専門のスタッフが行っています。

活性化リンパ球療法