当院の特色
facebook Twitter

脂肪幹細胞療法とは

 動物の体には、さまざまな器官や臓器などに変化することのできる細胞が存在します。この細胞を幹細胞といいます。脂肪幹細胞は、様々な細胞に変化することができるので損傷部位を補ったり、組織の修復を促す物質を出すことで治癒能力を向上させたり、炎症を起こした部位に集まって炎症を鎮めたりという性質があります。脂肪幹細胞療法とは、皮下脂肪から採取した脂肪幹細胞を投与することで、失われた臓器や怪我の再生を行う治療法です。

対象疾患(学会や症例報告等で効果が期待されているもの)
  • 手術を行ったが、治りにくい骨折
  • 椎間板ヘルニア
  • 変性性脊髄症
  • 脊髄損傷自己免疫性疾患(多発性関節炎など)
  • アトピー性皮膚炎
脂肪幹細胞療法の方法

脂肪幹細胞の副作用

ごくまれに拒絶反応によるショックが現れる可能性があります。

脂肪幹細胞の費用

●1回の投与で約5万円です。
●投与回数に関しては、疾患・状態により異なります。