当院の特色
facebook Twitter

外傷や事故等の整形外科後や、老化による神経系の機能障害で歩けない・・・でも、あきらめないで下さい!
毎日健康で元気に飛び跳ね、歩いて走れる。この当たり前の機能をより速く、痛みなくサポートいたします。動物のリハビリテーション(理学療法)は大変有効な治療法です。当院では米国テネシー大学が提供している「犬のリハビリテーション認定医」資格を取得した獣医師を中心に
「アニマルリハビリテーションセンター」を設けています。広いリハビリ専用ルームでその子にあったリハビリテーションのプログラムを計画して行います。更にリハビリに関連する各種サービスも充実しています。

アニマルリハビリテーションセンター

リハビリ関連サービス

●アニマルマッサージ教室
「うちの子」にマッサージをしてあげませんか?マッサージによる効果はたくさんございます。正しいマッサージの方法を教わり、自宅でスッキリリラックスさせてあげましょう!

●ダクタリケアホテル
ダクタリケアホテルでは、持病や高齢により通常のホテルでの宿泊が難しい子をお預かりしています。日々リハビリを頑張っている子も、宿泊中にリハビリを行うことができます。
なぜ動物リハビリテーションが重要なのか?

 動物も人と同様に多くの原因で起こる骨折、筋肉、じん帯や関節の問題や神経の病気をおこし、その結果様々な運動の障害が発生します。日々の生活の中で歩行などができなくなると、いつも楽しみにしている散歩や遊びの行動に制限が加わり生活の質が落てしまいます。それにより寝たきりの状態やそのことで起こる床ずれ等の問題も発生します。
 リハビリテーションは障害のある場所の痛みを緩和し回復速度を速め運動能力と運動の質を高めてこれらの問題ができるだけ起こらないように予防し改善して元気な時のように生活できるよう支える事が目的です。これは動物と家族に元気と喜びの精神的効果も与えることができ、絆をさらに深める効果も出てきます。

動物は与えられた状況の中で文句も言わず、それを受け入れ強く生きようとします。しかし、家族が手を差し伸べてその問題を改善、解決することが少しでも可能であれば毎日がしあわせに楽しく生活できるのです。

動物の理学リハビリテーションの目的

 などがあり、あらゆる年齢と動物の健康と生活の質を上げて、維持する事なのです。

対象疾患

2つの疾患が、主な対象となります。

 

予約に関して

まずは、お電話にてご相談ください。また診療時のご相談もお受けいたしますので、お気軽にお尋ねください。