当院の特色
facebook Twitter

活動紹介

~安全な輸血を実施する為に~
輸血は臓器移植です。輸血に伴うリスクを少しでも回避し安全に実施するため、当院では輸血プロトコルを作成します。

  • 全頭血液型検査およびクロスマッチ(適合試験)を厳密に実施
  • 体重量に合わせた輸血量を設定
  • 輸血開始~輸血後にかけての体温・呼吸数・可視粘膜色・状態の変化などを定期的にモニタリングし、輸血に対する副反応を早期に見つけ出せるように勤める
  • 状態変化を観察しやすいように輸血はICU内にて実施

 

実績(2010年度~2015年度)

献血登録頭数

犬13頭 猫6頭

採血量

総量13,998ml

輸血治療件数

129件(2015.2.16現在)

担当者紹介

獣医師 大森 有希子
動物看護師 倉川 典子、白戸 佑佳、植村 真季

その他

 皆様のご協力のお陰で多くの命が救われております。献血にご協力くださったワンちゃんネコちゃんとそのご家族様には心より感謝いたしております。
献血・輸血チームの活動はこうした皆様のご厚意によって支えられています。保存血を作成することにより輸血を迅速かつ安全に行うことが少しずつ出来てきましたが、まだまだ緊急な輸血に対して対応しきれていないのが現状です。
これからも皆様のご協力を是非ともよろしくお願いします。