診療案内

【循環器科のご案内

 心臓は全身から戻ってきた血液を肺に送り、肺で酸素化された血液を全身に送り出すポンプのような働きをしています。心臓がポンプの役割を果たさなくなると、肺や脳に血液が送られなくなり、最悪の場合、急死することもあります。動物の心臓病には、たくさんの病気が知られていますが、初期には疲れやすくなった、すぐにハァハァする、咳が多くなったなどの症状が出ることが多いので、思い当たることがあれば一度ご来院下さい。

循環器科で診る主な疾患

僧帽弁閉鎖不全症

 心臓の中には弁があり、心臓の収縮に合わせて開いたり閉じたりして、血液が一方方向に流れるようにしてくれています。僧帽弁閉鎖不全症はその弁が痛んでしまい、身体に送られるはずの血液が逆流してしまうという病気です。急に悪化すると肺に水が溜まってしまい、呼吸困難になる怖い病気です。 僧帽弁閉鎖不全症は、キャバリアキングチャールズスパニエルや、シーズー、チワワ、ヨークシャーテリアなどの小型犬に多く発症します。

猫肥大型心筋症

 心臓は拡張して血液を溜めこみ、収縮して全身に血液を送り出します。そのため伸縮性のある心筋という筋肉でできています。肥大型心筋症は、心筋が肥大し硬くなることで血液が十分に溜め込めず、送りだすことが出来なくなってしまう怖い病気です。アメリカンショートヘア、メインクーン、ペルシャなどに多く発症しますが、日本猫でも発症します。