診療案内

【血液内科のご案内

 血液内科では、血液に由来する病気を対象にしております。 症状は病気により多岐にわたりますが、突然の元気消失、食欲低下、血尿やふらつきなどがみられます。 重篤な病気が多いですが、ご家族のお気持ちをくみ取れるよう診断・治療に関してしっかりとご相談させていただくように心がけています。 また、献血・輸血チームとも連携を取り必要であれば輸血への対応も可能です。

血液内科で診る主な疾患

免疫介在性溶血性貧血

自身の免疫システムが様々な原因により暴走してしまい、自分の赤血球を壊してしまう病気です。場合によっては1、2日で急に貧血が進み亡くなってしまうこともあります。 症状の一つとして、元気消失や血尿などがあります。

リンパ腫

血液内のリンパ球が腫瘍化し増殖する病気です。体のいたるところで発症する可能性があり、増殖しているリンパ球のタイプや発症部位によって余命や症状が変化することがあります。化学療法(抗がん剤)による治療も行っております。

 

スタッフの紹介
獣医師
大森 有希子 
獣医師
大蔵 佳織