診療案内
facebook Twitter

問診

獣医師から普段の健康状態をご家族様にお伺いします。疑わしい病気があれば、追加検査などの提案をさせて頂きます。普段、気になることがございましたら、必ずお伝えください。

身体一般検査

視診、触診、聴診を通して、目、耳、口腔内、肛門周囲の状態、心雑音の有無、体表の腫瘤、歩行状態など全身を観察、診察します。

尿検査

尿の状態から糖尿病、膀胱炎などの異常の有無を確認します。また、A/C比検査(追加検査)を行うことで、血液検査や通常の尿検査では見つけにくい腎疾患の早期発見が可能です。

糞便検査

寄生虫の有無、腸内細菌の状態を顕微鏡で検査します。

血液検査・血液化学スクリーニング検査

この検査を通して貧血、炎症の有無、肝、腎、膵蔵機能、コレステロール値等のチェックを行い、全身状態の把握に役立てます。異常のある臓器係が見つかればさらなる詳しい検査を提案いたします。高齢犬では甲状腺ホルモン濃度の測定(オプション)を推奨いたします。

レントゲン検査(デジタルX線)

この検査で肝臓・腎臓・膀胱・生殖器・肺など各臓器の大きさ、形、位置の異常の有無や異常な影(腫瘍・結石・異物・ガスなど)を見つけます。また加齢とともに多くなる関節炎や頚・腰椎症など骨や関節の異常の有無を観察します。

レントゲン検査

超音波検査(胸部・腹部)

心臓、肝臓、脾臓、すい臓、腎臓・前立腺・膀胱等の状態をチェックします。レントゲン検査と合わせて行うことにより、より詳細な状態の把握が可能です。レントゲン検査では、わかりにくい内臓の腫瘍の発見にも役立ちます。心臓の超音波検査により、更に詳しく心臓の動き・収縮の状態・血液の流れ・弁の働きを観察することで、早期の心疾患の発見につながる事も少なくありません。

超音波検査

心電図検査

聴診、レントゲン・超音波検査とあわせて実施します。不整脈の有無はこの検査でのみ発見されます。ホルター心電図(心電図を日常生活下で24時間連続記録:オプション)による検査も適宜可能です(この検査で重篤な不整脈が発見されることもあります)

心電図検査

眼科検査

眼に生じる病気の有無を確認します。

血圧測定

高血圧症などの病気の発見につながります。(ダクタリ検診Bのみ行います。)

追加測定

  • A/C比
    血液検査や通常の尿検査では見つけにくい腎疾患の早期発見が可能です。 (2,760円)
  • 甲状腺ホルモン測定
    甲状腺の病気を発見できます。(犬;7,300円 猫;6,800円)
  • 各腫瘍マーカー
    犬V-BTA:
    膀胱移行上皮癌が発生した際に出現する物質を検出します。ただし、早期発見を補助するための検査であり、確定診断のための検査ではありません。 (7,800円)
    TSGF法:腫瘍細胞が悪性転化する際に増加する物質を測定します。腫瘍ができている部位は特定できませんが、悪性腫瘍の早期発見や、良性・悪性の判別補助、治療後の転移・再発の診断補助に有効です。あくまで、補助するための検査であり、確定診断のための検査ではありません。 (21,000円)
    PTHrP:リンパ腫や多発性骨髄腫、肛門腺癌(アポクリン腺癌)などの悪性腫瘍が産生する物質を測定します。あくまで、補助するための検査であり、確定診断のための検査ではありません。 (9,000円)

2015.6.1更新

検査結果

検査結果

後日、直接獣医師から検査結果を分かりやくすご説明いたします。その時に各検査の診断結果を1冊のレポートとしてお渡し致します。その後の生活改善や健康維持にお役立てください。