歯科

Dental

アイコン

Dental

歯科

3歳以上の犬の8割が歯周病予備軍です

アイコン

このような症状はありませんか?

  • 口臭がする
  • 歯の汚れが目立つ
  • 歯肉の腫れや出血がある
  • 物を食べづらそうにする

これらは歯科の疾患の可能性が疑われます。
犬の多くは歯周病予備軍であることを前提に、歯のトラブルを進行させないように定期的なお手入れ(歯磨き)を行うようにしましょう。最もお勧めなのはワンちゃん猫ちゃん(猫ちゃんにも歯磨きが推奨されています)が小さい時から口を触らせても抵抗しないように訓練することです。

アイコン

Information

歯科のご案内

歯科は口腔内、特に歯牙における疾患を治療する診療部門です。年齢を重ねることで生じる口内環境の悪化に伴う歯周病や、その他に乳歯の遺残や外傷による歯牙の欠損などを対象とします。

イメージ
アイコン

口腔内の検査一覧

口腔内の検査では、下記の項目をチェックします。

本数のチェック

・欠損の有無
・残っている乳歯の有無
・過剰歯の有無

状態のチェック

・破折の有無
・歯石の程度

咬合のチェック

・歯並びの異常の有無
・噛み合わせの状態の異常の有無

歯肉のチェック

・腫れの有無
・出血の有無

アイコン

Sick

歯科でよくみる病気

アイコン

歯周病

犬や猫は自ら毎日歯磨きをすることもできず、また人と比較して歯周病になりやすい口内環境といえます。加齢に伴い歯石の付着や歯茎の後退などが起こりやすくなります。歯周病が重度となると歯槽膿漏が起こります。また、歯根部の組織や骨を溶かすことで口と鼻とが繋がり膿のような鼻水が出たり、皮膚から口腔内の膿が出ることもあります。骨を溶かすことにより顎の骨が骨折を起こすこともあります。

これらの病気を起こさないために早めの予防が必要となります。歯磨きやサプリメントにより歯石の付着を抑えることもできますが、一度付着した歯石はスケアリングを行うことで除去する必要があります。スケアリングという工程により歯に付着し歯石を除去し、またポリッシングという工程により歯の表面を研磨することにより滑らかにし、その後の歯石の付着を軽減することもできます。歯周病が重度となり上記の症状を起こしている歯や、ぐらつきの見られる歯は抜歯することにより口内環境を改善します。

イメージ
アイコン

猫の歯肉口内炎

猫におけるこの疾患は内科治療により症状の緩和は可能なものの、完治は難しく再発を繰り返します。症状の進行に伴い食欲不振となり体重が減少していきます。この疾患は原因が解明されておらず、また有効な治療法が確立されていないものの、外科的に抜歯を行うことで症状の消失・緩和を望むことができます。

イメージ
アイコン

For the owner

当院から飼い主様へ

特に室内犬の場合、口が臭うのは気になりますよね。
一緒に生活する家族なのですから、できれば飼い主様と動物たち両方が快適に過ごせるようにしたいものです。
歯のお手入れはワンちゃん猫ちゃんが小さい時から始めないと難しいことも多くあります。歯のお手入れ用のお菓子やおもちゃもあるので活用いただきたいですが、それでも口臭が気になる・歯石が気になるという場合には、物理的に歯石を取ることで口臭の原因を取り除きましょう。
どういったフードがお勧めか、といったことなどにも幅広くお答えいたしますので、お気軽にご受診ください。(一般診療で対応します。また、当院の栄養相談サービスもご利用ください。詳細はトップページからご確認いただけます。)

イメージ

お問い合わせ先

ダクタリ動物病院 京都医療センター

075-382-1144

  • 月〜土曜日:9:30〜14:00、16:00〜19:00
  • 日曜日:9:30〜13:00
  • 年中無休