内分泌科

Endocrinology

アイコン

Endocrinology

内分泌科

ホルモンの作用の異常により発症

アイコン

このような症状はありませんか?

  • 水をよく飲む、尿が多い
  • 全身的に毛が薄い
  • お腹が張っている
  • 食欲があり食べているが太らない
  • 怒りやすくなった

これらは内分泌科の疾患の可能性が疑われます。
内分泌科について、あまり聞き馴染みのない言葉かも知れませんが、主にホルモンの病気を診察します。脳下垂体、膵臓や副腎、甲状腺などの臓器はホルモンを分泌し、特定の器官系でその作用を発揮します。内分泌疾患は、ホルモンの合成・分泌、運搬、代謝、あるいはその作用の異常によって引き起こされます。

アイコン

Introduction

内分泌科のご案内

動物の内分泌の疾患には、糖尿病や副腎皮質機能亢進症、甲状腺機能亢進症などホルモンバランスの異常が原因となる様々な病気があります。また、近年では動物においても、高脂肪食や運動不足などの生活習慣により、糖尿病や高脂血症、肥満などのいわゆる生活習慣病が増えてきています。健康長寿の実現を目指し、それぞれの病態においてどのようなリスクがあるか、そのリスクをどのように低下させていくべきか、動物の状態を判断したうえ、その子に合った治療法を考えていきましょう。

イメージ
アイコン

内分泌科の検査一覧

身体検査

内分泌疾患をもつ動物では、それぞれの病気に特徴的な臨床症状が現れます。それらの臨床症状をよく診断し、該当する内分泌疾患を疑います。

血液検査

内分泌疾患では血液検査で特徴的な異常値が出ることが多いです。例えば、糖尿病では血糖値の上昇、副腎皮質機能亢進症ではALPの高値、副腎皮質機能低下症では電解質バランスの異常、猫の甲状腺機能亢進症ではALPの上昇、犬の甲状腺機能低下症では非再生性の貧血などが見受けられます。

尿検査

多くの内分泌疾患で多飲多尿が見られます。多飲多尿になると、尿の量が増えることで尿がうすくなり、尿比重が低下します。尿中の成分を検査することで体内の変化についても調べることが可能です。

画像診断(CT検査・レントゲン検査・超音波検査)

内分泌腺の評価のために画像診断が有効な場合があります。適切な治療を選択するためにも重要な検査です。

アイコン

Sick

内分泌科でみることの多い病気

アイコン

甲状腺機能低下症

甲状腺の構造的または機能的な異常により、甲状腺ホルモンの生産が不足することで起こります。嗜眠傾向、無気力、肥満、脱毛などの皮膚病、種々の神経症状、全体的にむくんだような状態になり「悲劇的顔貌」と呼ばれる顔つきになるなどの症状を示します。 本症例では甲状腺ホルモン製剤の投与により、肥満の解消、皮膚状態の改善、活動性の改善が認められました。

アイコン

副腎皮質機能亢進症

副腎皮質ホルモンの過剰分泌によって起こり、クッシング症候群とも呼ばれます。このホルモンが過剰に出ていると、多飲多尿や腹部膨満、脱毛、毛づやが悪くなるなどの症状を示します。また、糖尿病の併発や免疫力が落ちたりと様々な病気につながっていきます。お家で様子をよく観察してもらい、早期に治療していくことが大切です。

アイコン

For the owner

当院から飼い主様へ

内分泌科と聞くと、なにやら難しそうだと思いませんでしたか?
簡単に言うと、ホルモンバランスの異常により引き起こされる「いつもとは異なる症状」を専門に診る診療科です。人間もホルモンバランスが崩れると体調を崩すことがありますよね。動物たちも同じです。
皮膚や目、運動器に関する症状とは異なり、症状が明確でないため、飼い主様が「違和感を覚えた」という感覚が病気の発覚には非常に重要になります。
他の病気でもそうですが、飼い主様の「いつもと違う」とお感じになる背景には、なにかしらの異常があることが多いです。その感覚は大事にしていただき、早期発見早期治療のために、まずはお早めの受診をお勧めします。定期的な健康診断も有効です。

イメージ

お問い合わせ先

ダクタリ動物病院 京都医療センター

075-382-1144

  • 月〜土曜日:9:30〜14:00、16:00〜19:00
  • 日曜日:9:30〜13:00
  • 年中無休