ダクタリ動物病院京都医療センター

施設・設備案内

施設・設備案内

施設・設備案内

OUTLINE

フロアマップ

フロアーマップ

施設紹介

①総合受付

1

総合受付

②サロンダクタリ

2

サロンダクタリ

③しつけ専用ルーム

3

しつけ専用ルーム

④リハビリ専用ルーム

4

リハビリ専用ルーム

⑤外来エリア

5

外来エリア

⑥猫専用診療室/待合

6

猫専用診療室/待合

⑦レストラン ブルスケッタ

7

レストラン ブルスケッタ

⑧ドッグラン

8

ドッグラン

設備機器

動物とご家族様双方にとって満足いただける、十分な設備を整えております。

設備機器01

全自動血球計数器HORIBA Microsemi LC-660

血液を調べるための機械です。白血球数・赤血球数・ヘマトクリット・血小板数etcがわかります。

設備機器02

DRI-CHEM

血液化学検査を行います。

設備機器03

尿検査 ARKRAY AUTION MINI

尿に蛋白・血球・糖etcがでてないかを測定します。

設備機器04

血液凝固分析装置 Wako

手術をする際に検査をします。血液がしっかりと止まる(固まる)か検査します。ただし、検査をしない手術もあります。

設備機器05

DCA2000システム

初期腎不全の評価に役立つ微量アルブミン・クレアチニンの定量検査に使用します。糖尿病における血糖コントロールの指標HbA1Cも測定可能です。

設備機器06

心電図自動解析装置 D700

心拍数、波形など心臓を評価する機器です。手術前にはすべての動物に検査を行います。

設備機器07

レーザー治療機器 MR4 ACTIVET

レーザー治療機器です。傷の治りを促進したり、痛みを抑えるなど。多くの治療に用いることが可能です。

設備機器08

動物用アイリスベット メラン100

犬の網膜における光受容体機能の簡易スクリーニング検査機器です。網膜疾患の早期発見につながります。

設備機器09

トノベット手持眼圧計 TV01

動物用の眼圧計です。角膜表面への刺激が少なく、局所麻酔なしでの眼圧測定が可能です。

設備機器10

眼底カメラ クリアビュー Clear View

手持ち式の眼底カメラです。その場で撮影した眼底の画像が確認できます。麻酔をかけることなく撮影が可能で、動物のストレスが軽減できます。

設備機器11

双眼倒像鏡 HAINE オメガ500アンプラグド

主に眼底を検査する検眼鏡です。検査視野が広く眼底をスクリーニングするのに最も良い機器です。

設備機器12

細隙灯生体顕微鏡

眼底検査を除く前眼部と中間透光体(水晶体など)を検査することができ、眼科診療医において欠かせない機器です。

設備機器13

パンオプティック直像検眼鏡 Welch Allyn

拡大率が高く、眼底や視神経乳頭を検査する機器です。

設備機器14

超音波装置

超音波反響を利用し映像化することで、非破壊的に調査することのできる画像検査法です。

設備機器15

レントゲン装置

体の見えない部分を評価する為には必須の検査です。X線がレントゲンフィルムに照射されることにより像を影絵としてうつす装置です。

設備機器16

FCR

レントゲン検査をデジタル化したものです。

設備機器17

麻酔器

手術などの麻酔が必要な時に使います。麻酔薬はイソフルランを使用しています。人工呼吸機能も付いています。

設備機器18

モニター装置

麻酔がかかっている動物の状態を把握する為のモニター装置です。心拍数、血圧、血中酸素濃度、麻酔濃度などが観察できます。

設備機器19

スケーラー

歯石除去を行う機械です。動物たちも歯は命!

設備機器20

超音波メス

超音波にて組織を破壊せずに切開や止血を行います。

設備機器21

LCP(ロッキング コンプレッション プレート)

骨折の治療に用いられるプレートと機器です。LCPはプレートにスクリューをロッキングさせて固定する新しいコンセプトのプレーティングシステムです。

設備機器22

倒立顕微鏡

培養している細胞を確認するための特殊な顕微鏡です。

設備機器23

クリーンベンチ

無菌的に細胞を扱うための機械です。細胞培養の際に活躍します。

設備機器24

インキュベーター

細胞を培養します。

設備機器25

ディープフリーザー MDF-C8V1

マイナス85℃の超低温で保存できるフリーザーです。輸血用の血液などを保存しています。

© ダクタリ動物病院 京都医療センター all rights reserved.