ブログ

Blog

2020.07.01

いろんなスタッフ

前回までのあらすじ

私たちの病院には、いろいろなスタッフが働いているようです・・・
たいていの動物病院では、
病院内で血液検査を行います。
生化学検査
こんな機械を置いていて、
だいたいは看護師が検査を行います。
動物病院のホームページを見ると、
「院内機器」みたいなページがあって、
手術で使う機械とか、
上の写真のような検査機器を
載せてますよね。
あれって、誰向けなのでしょうか。
飼い主さんが見て、
どう思うのでしょうか。
脱線しました
私たちの病院は、
ちょっと特殊で、
外部の検査会社が院内にあり、
その検査会社に院内で検査を依頼する形をとっています。
つまり、
獣医が採取した血液等を
同じフロアにあるけれど、
病院とは別の会社のスタッフに渡して、
検査を依頼し、
検査結果をもらう形です。
 
私が知る限り、
京都では、私たちの病院くらいでしょうか。
検査2
検査の様子です。
検査専門のスタッフが、
大きな機械を使いこなしています。
検査1
データを打ち込んでいるようです。
このような形を取る利点は、
検査結果が正確であることです。
また、
院内で出来る検査項目が、
かなり多岐にわたることも
利点と言えるでしょう。
また、
検査専門技師さんに
お願いする安心感
利点です。
つづく