ブログ

Blog

2020.05.04

おもちゃ 食べちゃった だけじゃなかった

誤食癖ののあるわんちゃんが、

食欲なくて、吐き続けるということで来院されました。
始めから、誤食で何か詰まったのかもと疑うのは当然です。
腹部の触診(お腹をよく触って)とレントゲン検査、超音波検査で
どうやら腸のあたりに、固いものが詰まっていそうです。
開腹手術(お腹を開けて、取り出しましょう)に同意をいただいたのですが、
念のためCTを撮影しました(お腹を開ける前)。
腸内異物
小腸に丸い(人工的な)形のものが詰まっています(赤矢印)。
「症状にも合致するし、これを取り出せば、解決するぞ。」
「いやいや、ちょっと待て。」
腸内異物と胃内異物
「よく見ると、の中の異物(赤矢印)だけでなく。
の中にも何かある(青矢印)、木の棒みたいだけど。」
胃の中の棒は、今の症状を引き起こしているわけではなさそうでしたが、
放っておくと、どこかに刺さったり、つまったりして、
危ないところでした。
お腹を開いて、腸を切開してゴムのおもちゃを摘出、
同時に胃も開いて木の棒を摘出しました。
手術後、回復に向かったのは言うまでもありません。
誤食癖のある場合、吐いたりするとどうしても
腸に何か詰まっているのかもと考えます。
ただし、1個だけとは限らない。