ブログ

Blog

2020.07.10

この胆のうはとる方がいい?

CT検査で、

胆のうの評価をする場面も
多くあります。
正常の胆のうは、
肝臓の中に、
肝臓よりは黒い色で、
丸く映ります。
さて、
この胆のうを見てください。
胆石
これは、肝臓の断面ですが、
肝臓よりやや黒く見える胆のうの中に、
白い塊が見えます。
わかり易くすると・・・
胆石 改
オレンジで囲ったところが、
胆のうです。
上の方が、周りの肝臓より
やや黒いのがわかると思います。
下半分は、白くなっていて、
これは胆石です。
胆石は、やたらと白く見えます。
重力で胆石は、下にたまるので、
オレンジの下半分に胆石がたまっているように見えるのです。
さて、
次の胆のうを見てください。
胆嚢炎
写真の上の方に、
周りの肝臓よりもやや黒い
丸い胆のうが見えます(よね?)。
その胆のうの上に、
白い線上の塊が見えます(よね?)。
わかり易くすると・・・
胆のう炎 改
オレンジのまるで囲ったところが、
胆のうです。
で囲ったところが、
胆石です。
さて、
1番目の胆のうと
2番目の胆のうと
どちらの方が手術の緊急性
高いのでしょうか。
1番目に載せた胆のうと比べると、
2番目の胆のうでは
胆石の量は明らかに少ないようです。
しかし、
今回は胆石の量よりも
位置が重要かもしれません。
1番目の胆のうの胆石は、
下に落ちています。
おそらく体の向きで、
ころころ動くタイプです。
2番目の胆のうの胆石は、
重力に逆らって、
上に位置しています。
これは、胆のうの壁に
へばりついていることを示しています。
おそらく、
胆のう炎を起こしている、
もしくは、起こしていたことを
示しています。
胆のう炎は、
胆のう破裂の危険を伴います。
2番目の胆のうの方が、
なんだか怖く見えてきました(よね?)。