ブログ

Blog

2020.10.20

その腫瘍の「悪さ」をどう表現できるか その3

腫瘍の「悪さ」の表現の一つに、

「大きさ」があります。
もちろん、
「大きい」「悪い」
は、必ずしも当てはまるものではありません。
しかし、
「大きい」と手術するにしても、
大変なことには事実です。
そして、
「大きさ」を飼い主さんに
理解してもらうのに、
3D画像は有用だと思います。
例えば、肝臓の腫瘍を紹介します。
肝臓 腫瘍 3D 
ワンちゃんを斜め下から見ています。
皮膚を半透明にして、
骨はしっかり見えるように、
内臓は茶色でやや半透明にしています。
問題の肝臓腫瘍は、
ビビットに緑色にして強調してみました。
どうですか?
結構な大きさでしょ?
肝臓  腫瘍 3D 2
同じワンちゃんです。
皮膚をなくして、
血液が豊富なところを赤くしています。
肝臓腫瘍は、やはりビビットなです。
どちらがわかりやすいでしょうか?
これらの画像は、
「処理」を加えているので、
色を自由に設定できるし、
邪魔なものは消せます。
加工する時に、
正確性は重要ですが、
正確性を超える「わかりやすさ」も重要だと思って
作成しています。