ブログ

Blog

2020.07.12

それでは、この胆のうなら、取る方がいい?

前回、

胆のうの中に胆石があれば、
普通は重力で下に落ちてくると
書きました。
さて、この胆のうはどうでしょうか・・・
胆嚢炎2
中央上部のなんとなく黒く丸く見えるのが、
胆のうです。
胆のう炎2 改
少し拡大してみました。
オレンジで囲ったところが、
胆のうです。
その胆のうの中に、
で囲った白い塊みたいなものが
見えます(よね?)。
これが、おそらく胆石(のようなもの)です。
二つほどある胆石(のようなもの)が、
一つは胆のうの上にくっついてそうで、
もう一つは胆のうの中に浮かんでそうです。
くっついているのは、
胆のう炎等で、
くっついているのでしょうか。
これも問題です。
ただ、さらに問題は、
浮かんでいる方です。
胆のうの中には、
胆汁という黄色くてさらりとした液体が
溜まっています。
胆のうには、
肝臓で作られたこの胆汁を、
溜めておく働きと、
濃縮する働きがあります。
この濃縮が重度に起こると、
胆汁の濃度があがり、
ゼリーのように流れにくいものになります。
そうなんです、
ゼリーのなかに胆石があれば、
下に沈まずに浮いたようになるのです。
このゼリー状になることを、
胆のう粘液嚢腫と言います。
この場合は、
胆のうを取った方が良さそうです。