ブログ

Blog

2020.11.16

たまには、病気の説明も その1

胃の腫瘍

胃に腫瘍ができることは、
そんなに多くはないですが、
あります。
猫であれば、
リンパ腫と言って、
悪性の腫瘍が多いのかもしれません。
犬であれば、
良性のポリープの時もあれば、
腺癌という悪性腫瘍のときもあります。
症状は、
やはり嘔吐でしょうか。
でも、
元気や食欲がない、とか
血液検査をしてみたら貧血がある、とか
それ以外で見つかっていく時もあります。
さて、
診断には
レントゲン検査、超音波検査、血液検査は
普通に行うとして、
重要なのは、
内視鏡検査CT検査ではないでしょうか。
胃の中 内視鏡 コーギー 2
内視鏡では、このように
胃の中がどうなっているのか
直接的に見えるのと、
組織を取ってこれます。
胃の中 断面1
CT検査では、このように
胃の中でどのように病変が
広がっているのか
確認することができます。
これは、
手術を考えるときにとても重要になります。