ブログ

Blog

2020.05.28

ところで子猫のワクチンはというと

子猫の場合にも、

生まれた年には3度のワクチン接種が推奨されます。
ネコ ワクチン パンフ
私たちの動物病院では、
Virbacというメーカーの3種混合ワクチンを採用しています。
特に、これは生ワクチンなのです。
ネコ ワクチン開き
いろんなワクチンメーカーがありますが、
ネコのワクチンはだいたい3種がほとんどです。
そして、不活化ワクチンがほとんどです。
生ワクチンと不活化ワクチンの違いについては、
どこかで機会があれば。
ネコに関しては、
生まれ年には、年間3度の接種が必要ですが、
以降はいろんな話がありますが、
世界的に最も推奨されるのは、
世界小動物獣医師会(WSAVA)が推奨している
簡単にいうと「3年以上の間をあけて接種しましょう」です。
ただ、本当に3年に1回でいいの?に関しては、
実は、ワクチン抗体価といって、
簡単にいうと「体にワクチンの効果がどの程度残っているのか」
調べることが出来るのです。
毎年のワクチン接種を見送るにしても、
ワクチン抗体価がある基準以上あれば安心です。