ブログ

Blog

2020.09.03

ジェネリックの話 その1

後発医薬品(こうはついやくひん)、ジェネリック医薬品とは、
先発医薬品の独占的販売期間の終了後に発売される、先発医薬品と同じ有効成分で効能・効果、用法・用量が原則同一であり、先発医薬品に比べて低価格な医薬品である。
Wikipediaには、このように記載されています。 
動物用医薬品にもジェネリックは存在します。
特に、最近は数も増えています。
薬いろいろ
実際のところ
ジェネリックってどうなのでしょう。
価格は先発品よりも
安いのは確かです。
ただ、ものにもよりますが、
そんなに安くないものも
多いのもたしかです。
「安くて、効果が同じなら
 全部ジェネリックでいいじゃん」
となりそうですが、
単純にそういう話ではないようです。
先日、
飼い主さんで医者の方が
「ジェネリックは出さないでね。
 先発品のものにしてね。」
と言われました。
私たちの病院でも、
一時期まで、
「ジェネリックは使わず、先発品のみ採用」
していたのですが、
薬によって、
ジェネリックを採用するようになってきました。
できるだけ、
先発品と両方の在庫を持ち、
選択できるようにはしています。