ブログ

Blog

2020.06.02

タイムカードの後は

前回までのあらすじ

自転車に乗って出勤、着替えて、タイムカードのところにやってきたのだが・・・
出勤して、
まず行うのは、
入院動物の確認と、
宿直の先生からの伝達事項の確認です。
ホワイトボード
ホワイトボードを利用して、
入院の確認が出来るようにしています。
また、
直接の見回り確認も忘れません。
特に、
その日の夜にでも亡くなってしまう可能性があった場合には、
状態が落ち着いているのを確認して
「ほっ」とします。
その後は、
業務メールの確認をして、
軽く喉を潤してから、
ミーティングを行います。
写真はありませんが、
いわゆる「3密」を避ける努力はしています。
ミーティングでは、
入院動物の状態を全員で把握、
当日の手術の確認、
伝達事項の確認、
を行います。
その後は、入院動物の治療に入ります。
処置 部屋
処置中に、診察台から落ちたりしないように、
基本的に、処置は二人で行います。
動物の安全のためです。
安全を第一に考えているのです。
続く