ブログ

Blog

2020.05.05

ハリネズミのCT

ハリネズミって、

レントゲンとったとしても、ハリが邪魔して臓器がよくわからなかったり。
超音波検査しようと思っても、丸まってしまって出来なかったり。
今回は、お腹の腫瘍を疑って
画像診断の一つとして
CTを撮影しました。
ハリネズミ
これは仰向けの画像です。上方向が頭ですが、首の下あたりまでしか映っていません。
下にしっぽと足が映っています。
CTは体を断像でみる検査で、これはわかり易く3Dに構成されている画像です。
ハリが画像の邪魔をしていません。
ハリネズミ 断層
1番目の3D画像の元画像で、仰向けで、お腹の中央あたりを断層(切ったように)でみています。
赤い矢印で示したところが、腫瘍を疑うところです。
3Dでわかり易くしたのが、
ハリネズミ マス
これです。
緑色の塊が、腫瘍を疑うものです。
結構な大きさですね。
CT検査を行うためには、結局全身麻酔が必要になるのですが、
レントゲン検査よりも得られる情報が多いようです。