ブログ

Blog

2020.10.22

交通事故

交通事故

なくならないようです。
交通事故にあって、
運ばれてくるワンちゃん、ネコちゃんがいます。
症状はいろいろで、
骨折が一番多いような印象です。
このワンちゃんは、
散歩中に車に轢かれたそうです。
幸いにも(?)骨折はありませんでした。
が、
腹壁ヘルニアした。
腹壁ヘルニア 1
腹壁ヘルニアとは、
腹壁(お腹の壁)が破れて、
臓器が皮膚の下に出てきてしまうことを言います。
上の画像は、そのワンちゃんのお腹の断面です。
赤の矢印で挟まれたところで、
腹壁が破れています
腹壁ヘルニア 1 ペイント
で囲ったところが、
腹腔内(お腹の中)です。
そこから、主に腸がオレンジの矢印の方向に、
緑の枠を超えて、飛び出しています。
腹壁ヘルニア 2
仰向けだと、こんな感じです。
上が頭側です。
腹壁ヘルニア 2 ペイント
腸がオレンジの矢印の流れで、
皮膚の下に出てしまっています。
これは、
手術で腸をお腹の中に戻して、
おそらく裂けているであろう腹壁を
閉じる必要があります。