ブログ

Blog

2020.06.17

例えば、椎間板ヘルニア

ミニチュア・ダックスフント

椎間板ヘルニアが多いというのは
有名な話でしょうか。
ちなみに、
私は今までに診察で、
スタンダード・ダックスフントを
2頭しか診たことがありません。
大きなミニチュア・ダックスフントとは比べものにならないくらい、
大きかったのを覚えています。
さて、
ダックスフントが後ろ足を引きずるようになったら、
まず疑うのが、
椎間板ヘルニアです。
レントゲンでは診断できないので、
神経検査をした上で、
第1選択はMRI検査です。
ただ、
いろいろな理由(MRIが撮れない等)で、
CTで診断をつける場合もあります。
脊髄造影
これは、背骨を縦に切った断面です。
四角の骨が並んでいます。
その上を、白い線が左から右へつながっています(よね?)。
これは、
脊髄造影というもので、
CTで映ってこない脊髄の状態を観察する手段です。
脊髄造影異常個所
拡大した画像です。
オレンジの○のところで、
白い造影の線が
あたかも下から押されて、途切れているように見えます。
どうやらここに
椎間板ヘルニアがありそうです。
こんな感じで
診断します。