ブログ

Blog

2021.09.26

健康診断は必要なのか? 糖尿病について

糖尿病の診断

糖尿病になると、ワンちゃんもネコちゃんも
ヒトと同じようにインスリンで治療していくことになります。
糖尿病インスリン
では、糖尿病の診断はどのような形で行われるのでしょうか。
初期症状で気付く
初期症状で糖尿病に気付くことは、なかなか難しいでしょう。
初期症状、どんなものかと言うと、
  • 水を飲む量が増えた
  • 尿の量も増えた
  • なんだか痩せてきた
  • 疲れやすいみたい
こんなところでしょう。
水を飲む量なんて、毎日計測していないとわかりませんよね。
もちろん、以前に比べて倍ほど飲んでいる段階では、気付けると思います。
「痩せてきた」と言っても、体重を定期的にみていないと、気付きにくいでしょう。
飲む猫
重症になってしまう
糖尿病のワンちゃんやネコちゃんが、
重症になって病院に連れてこられることも少なくありません。
  • 全く食べない
  • 動かない
  • ガリガリになっている
  • 横たわって意識が朦朧としている

このような場合には、即入院になります。
出来れば、こうなる前に診断したいところです。

健康診断で糖尿病を見つける

健康診断で、糖尿病を調べる項目が含まれています。
  • 血糖値(血液検査)
  • 尿糖(尿検査)
血液検査
血糖値(グルコース)を調べます。
犬では血糖値が約200を超えると、
猫では血糖値が約300を超えると、
尿に糖が出ると言われているので、糖尿病を疑うことになります。
血液検査 血糖値
血糖値が高くても、特にネコちゃんでは、
興奮や緊張をしていても血糖値が高くなることがあるので、注意が必要です。
また、肝臓に癌がある場合など、糖尿病以外でも高血糖になる場合もあるので、注意が必要です。
尿検査

尿糖を調べます。

糖尿病になっていると、その名の通り、尿に糖が出ます。
尿検査試験紙
これまたややこしい話ですが、
糖尿病でなくても、尿に糖が出ることがあるのです。
なので、血液検査と合わせて診断する必要があります。

健康診断で血液検査と尿検査を

糖尿病は、初期に発見することができると、
食事療法など比較的簡単な治療から開始できる場合もあります。
特に、肥満傾向のワンちゃん、ネコちゃんは糖尿病予備軍なのかもしれません。