ブログ

Blog

2020.08.13

偶発所見 その1

偶発所見(ぐうはつしょけん)とは、
簡単に説明すると・・・
検査等をして、偶然に見つかる病変のことです。
膀胱炎を疑って、超音波検査をしたら、
脾臓の腫瘤が見つかった。
みたいなことです。
CT検査をすると、
そういうものが
よく見つかります。
肺結節1_001
これは、
胸の断面図で、
中央の白っぽいところが心臓で、
その周りの黒っぽいところがです。
赤の矢印で示したところに、
白く光るような「点」が見えますよね。
これは「肺骨腫」と呼ばれるもので、
肺ガンではないのです。
これも、
偶発所見です。
肺結節2_001
胸の他の場所の断面です。
こういうものは、
一つと限らず、
いくつかあることも多いのです。