ブログ

Blog

2020.09.12

偶発所見 その7

ダックスフントに多いとされる、

椎間板ヘルニア。
診断には、脊髄と椎間板の評価をする必要があります。
MRI検査を行うのが良いでしょう。
実は、CTでも椎間板ヘルニアを診断できる場合があります。
椎間板ヘルニアの診断に
最善はMRI、
何らかの理由でMRIを実施できない場合、
CTで診断を行う。
現状、
これが主流でしょうか。
さて、
腰の病気は椎間板ヘルニアだけではありません。
脊椎 変性 多数_001
左側が頭の方で、右側がお尻の方です。
四角の椎体が並んでいますが、
下と上に張り出しているところが、
骨の変性といって異常です。
脊椎異常 ペイント
大きくするとこんな感じです。
青で四角く囲ったものが、椎体(背骨)です。
本来はほぼ四角に見えます。
下に赤く膨らんでいるのが、
骨変性(骨の形が変わってしまっている)です。
上に黄色く膨らんでいるのは、
脊髄(神経)に当たっている可能性があります。
今回のタイトルが示すように
このワンちゃんは、
腰の症状で検査をしたわけではありません。
CT撮ったらたまたま写ったのです。
犬種は、確かボストンテリア。