ブログ

Blog

2021.08.24

処方食のサンプル

処方食

いろいろな病気に対して、
処方食という考え方があります。
例えば、腎臓が悪くなると、タンパク質や塩分を控えた食事が良いとされたり。
膀胱に結石ができたら、結石ができにくくなる食事が良いとされたり。
肥満に悩んでいたら、カロリーを抑えた食事が良いとされたり。
処方食に変えるだけで、全てが解決するわけではありませんが、
そういうアプローチもあるのです。
ただ、この処方食も使い方を間違えると、
症状を悪化させてしまうことも、あり得るので、
獣医師の判断が重要になるのです。
だから、「処方食」つまり「薬を処方すること」に近いイメージです。

処方食のサンプル

処方食を食べた方が良いとしても、
実際に食べなければ意味がありません。
好き嫌いもあるでしょう。
そこで、サンプルを試してもらい、食べるなら買ってもらう、
そんな形がいいのかもしれません。
処方食サンプル 1例
私たちの病院では、症状に合わせた処方食のサンプルセットを作っています。
処方食はいくつかのメーカーが出していて、
その中でいくつかのメーカーのものを採用しています。
各メーカーによって、特色があるのです。
フードサンプル
このように、「腎臓ケア」「体重ケア」等々、
目的によっていくつかのセットを作っています。