ブログ

Blog

2020.05.30

動物病院によって薬の値段はいろいろ 2

動物病院によって

薬の価格設定はいろいろですが、
処方料分包手数料の設定もいろいろです。
ヒトの病院では、
診察後に処方箋をもらい
薬局で薬を買います。
昔は、動物病院と同じように、
診察後に病院で薬をもらっていましたよね?
薬シート
私たちの病院では、
処方料という名目は存在せず、
薬の価格自体に反映させています。
また、分包手数料も基本的にはいただいていません。
なので、診療明細はシンプルになります。
病院によっては、
4分の1に割った薬を処方する場合、
処方料と分包手数料と薬代と、
そんなことになるようです。
どちらがいいのかは、
それぞれの病院の判断ですが、
設定が難しく、場合によってはややこしいこともあります。
処方料をいただいていないからと言って、
薬の内容を考えて、計算した、その手数料は
薬代もしくは、診察代に含まれています。
分包手数料も然りです。
そう考えると、
単に、診察料が高い・安い、
単に、薬代が高い・安い、
と比較は難しいのかもしれません。
そうそう、
動物病院業界でも、処方箋から薬を出す、
薬局業務を専門に行う施設が出来るようです。