ブログ

Blog

2021.07.15

困ってしまう質問

先生の○○なら、どうしますか?

重要な治療の選択が迫られる場面などで、
「先生の飼っているイヌなら、どうしますか?」
「先生の飼っているネコなら、どうしますか?」
という質問?投げかけ?が、たまにあります。

獣医ダクトリくん

未だに、何と答えていいのか悩んでしまいます。
実際には
経験上、このような質問を受けて、「私だったらこうします」と答えた際に、
「じゃあ、そのようにします」ってなったことがない。
私の答えが、獣医獣医しすぎていて、受け入れられなかった?
そもそも説得力がなかった?
何かを試されていただけだった?
とりあえず聞いてみただけ?
親身に考えて答えたつもりが、採用されない空しさ。募る空しさ。

だからと言って、
「私が飼っているわけではないので、ご自身で判断してください」なんて
そんな血も涙もないようなことは言えません。言えません。
そんなこんなで、最近は、
「そうですね、難しいですよね」なんて答えることしか出来なかったり。
そして、反省へ
結局は、それまでのインフォームドコンセントが十分ではなかったのでしょう。
しっかり現状を説明し、治療の選択肢を具体的に提示して、
それぞれの予後や期待できる効果、乗り越えるべきリスク、金銭的な負担、
通院や入院の予定、等々。
飼い主さん自身が、自身の問題として、覚悟をもって病気に臨んでもらえるのに
十分な説明ができていなかったのかもと、反省です。