ブログ

Blog

  • ホーム
  • ブログ
  • 外耳炎はそのままにしておくと、良くないかも その1

2021.04.13

外耳炎はそのままにしておくと、良くないかも その1

外耳炎(がいじえん)って、

犬ではよく見かけます。
アレルギーとか、原因はいろいろですが、
耳道(耳の中)に炎症を起こして、
耳垢が過剰に溜まったり、
耳道が赤く腫れたり、
耳を痛がったり、
軽い症状から重い症状までいろいろです。
大抵は、
洗浄したり、
点耳薬(耳に入れる薬)を使ったり、
場合によっては内服が必要になったり、
これも症状によって、いろいろです。
単なる外耳炎でも、
慢性化すると
大変なことになる場合があります。
耳道の肥厚 鼓室胞は大丈夫
これは、外耳炎のワンちゃんの頭のCT画像です。
白く丸いドーム状に見えるのが、
頭蓋骨です。
その下に、耳道や鼓室があります。
耳道の肥厚 鼓室胞は大丈夫 ペイント
左側のオレンジの矢印で示した、
黒くつながっているところ、
これが耳道です。
耳の中に空間が繋がっている感じです。
一方、右側をみてください。
青の矢印で示している辺りです。
左と比べてみると、
黒くつながるところがありません。
これは、
耳道が腫れて塞がっているのです。
さらに、
耳道の肥厚 鼓室胞は大丈夫 ペイント2
紫の○で囲ったところ。
白い塊が見えますよね。
これ、骨みたいになっているのです。
つまり、
このワンちゃんは、
片方の耳が長期間外耳炎を患っていて、
ひどくなり、
耳が塞がるほど腫れていて、
一部が骨のように固くなってしまっている、
のです。
ここまでになると、
手術が必要になります。
外耳炎が慢性化して、
悪化してしまうケースは少なくありません。
他のケースもご紹介していこうと思います。