ブログ

Blog

2020.04.28

子犬の咳?呼吸器感染症?

子犬を家に迎えたら その①

 

最近、新しく子犬を飼い始めて

ワクチンのための来院が増えているように感じます。

子犬を飼い始める時に、どんなことに注意したらいいのか

少しずつ提案出来たらいいなと思います。

 

第一回のテーマは、

どうしても病気の注意になっちゃいました。

「咳」です。


子犬の咳は、

埃っぽくてもするし、アレルギーでもするし、

生まれつき心臓が悪くてもするし、

特に、呼吸器感染症でもします。

以前は、犬の呼吸器感染症を特定することは難しかったのですが、

今は、PCR検査で特定が出来るようになっています。

綿棒

人間の検査と同じように、綿棒で喉の奥の拭い液を取って検査します。

IDEXXの本

これは当院でよく利用する「IDEXX(アイデックス)」という検査会社のパンフレットです。

いろんなPCR検査があり、咳の場合には「呼吸器パネル」という検査を利用します。

子犬の咳は、放置せずに病院へ。

このところのコロナ関連のニュースでは、
PCR検査の重要性、必要性がやたらと言及されています。
PCR検査の認知度が上がり、勧め易くなったのは、良いことなのか?