ブログ

Blog

2020.04.26

家で出来る健康管理①

最近、

家で長く時間を
過ごされる方が増えているのではないでしょうか。
やることがないから
パチンコに行く、とか
家族総出でスーパーに買い物に行く、とか
サーフィンに行く、とか
いろいろ社会問題になっていますね。
さて、余計なことはここまでにして。
このブログを読んでいただいている方は、
おおかたが犬や猫を飼ってらっしゃる方だと
思います。
この、家での時間
自宅のワンちゃん、ネコちゃんの健康管理
当ててみてはどうでしょうか。
今回は、その提案を一つ。
一日の水を飲む量を測ってみよう!
水を多く飲むようになる病気は、
結構いっぱいあります。
PU/PD(ピーユーピーディー)」と言う言葉があります。
多飲・多尿をいう意味です。
細かく言うと・・・、
たくさん水分を摂取すると尿量が増える。
尿量が増えることに伴って、水分摂取量が増える。
とまあ、どうちがうねん。ですが、
そういうことなのです。
さて、
以前に比べると、
水をよく飲んでいる
器の水の減り方が早い
おしっこが増えている
トイレによくいく
何かがあると病気のサインかもしれません。
ここで重要なのは、
以前と比べて
がポイントです。
以前はわからないし、今、多い気がする。
そんな場合には、基準はあることにはあります。
専門書によると、
多飲のボーダーラインは、
1時間に体重1kgあたり4ml以上
もしくは、1日に体重1kgあたり100ml以上
と書かれています。
どちらもほぼ同じくらいの量なので、
わかり易い、1日に体重1kgあたり100ml以上
をよく診察ではお話します。

ただし、これはかなり異常な量です。
このくらい水を飲んでいる場合には、
飲水量を測るまえに、
めちゃくちゃな量のおしっこをする
で気付くはずです。

ここまでの量でなくても、
以前に比べて増えている
これが重要です。

どれだけ飲んだか、どうやって測るのさ?
いろんな方法はあると思いますが、
その1例を。
水
この様に、
一日の最初に500mlペットボトルに飲む予定の水を満タンにしておきます。
飲むごとに器に
そのペットボトルから水を足します。
一日の終わりに、器の飲み残しも含めて、
いくら残っているかを、
計量カップなどで測ります。
最初の500mlから引いた量が
一日の飲水量です。
毎日でなくても、
記録をつける
飲水量の変化がわかりますよ。

いかがでしょうか。
家にいる時間で、
病気の早期発見