ブログ

Blog

2020.07.05

感染症

前回までのあらすじ
午前の診察も終わり、それぞれ、お昼休憩を取っているか、手術をしているか、
時間外対応をしているか、掃除をしているか、入院の管理をしているか・・・
私たちの病院では、
最低1日2回、
入院動物の体重を量ったり、聴診したりを
行います。
もちろん、症状や入院理由に応じて、
それ以上の回数、
処置をすることはあります。
入院動物に関しては、
基本的に、ワクチン接種と狂犬病予防の有無を確認し、
必ず、ノミ・マダニの予防を徹底しています。
感染症を持っている場合には、
その程度によって隔離室を設けています。
隔離室の処置2
これは、
感染症のネコちゃんの
入院処置の様子です。
他の入院動物とは、
離れた場所で、
扉で隔離が出来ています。
もちろん、
接触でしか感染しない病気、
飛沫感染する病気、
便を介して感染する病気、
等で対応を変えています。
もちろん、
全ての感染症に対応するのは難しく・・・