ブログ

Blog

  • ホーム
  • ブログ
  • 新しいカテゴリーを始めます。獣医療用語という話。

2021.01.12

新しいカテゴリーを始めます。獣医療用語という話。

ヒトの医療用語とも共通するところは多いのですが、

いろんな獣医療用語ってものがあります。
専門用語もいろいろありますが、
中には、なかなか面白いものもあります。
大体は見た目にちなんでいて、
覚えやすいし、
使いやすいものが多いようです。
いろいろ紹介しようと思います。
第1回は「アコーディオンサイン」です。
アコーディオンとは、
あの楽器のアコーディオンです。
あの蛇腹のついた、あれです。
アコーディオンサインとは、
画像診断を行ったときに、
腸が蛇腹のようにうねうねしているように見えるものを
そのように呼んでいます。
ひもとかを飲み込んでしまい、
腸の途中で片方が詰まってしまい、
そのひもに沿って腸が手繰り寄せられてしまっている状態です。
アコーディオン 1
これはタオルを飲み込んだワンちゃんのCT画像です。
アコーディオン 1 ペイント1
オレンジのギザギザに挟まれたところを見てください。
アコーディオン 1 ペイント2
青の線のところにタオルがひも状になったものが詰まっていて、
その両脇を腸が蛇腹のように寄せられています。
この腸の状態が、
アコーディオンサインです。
OIP.jpg
ちなみにこれは緊急疾患であり、
すぐに手術をしないといけません。