ブログ

Blog

2020.10.06

最近、子猫の保護が増えている その1

外で、

子猫(大人猫のときもある)を保護される方が、
最近増えているような肌感覚があります。
まず、動物病院で健康診断
でしょう。
お家に迎える際に、
まず感染症の確認が重要です。
寄生虫の卵
うんちの中に、
こんなのがいたら大変です。
これは寄生虫の卵です。
顕微鏡で見つけます。
これ、
人にうつる可能性があるのです。
「キャー」です。
ネコのうんちなんて食べないから大丈夫!
なんてことはありません。
ネコは自分のお尻も舐めるし、
その舌で体も舐めるし、
飼い主さんの顔まで・・・。
でも、大丈夫です。
薬を飲めば、たいてい駆虫できます。
念のために、
駆虫し続ける方法もあります。
また、
別の機会にご紹介します。