ブログ

Blog

2020.10.15

無麻酔の歯石除去は要注意

動物病院ではない場所で、

獣医師ではないのに、
歯石除去をしている所があるらしい。
人で言うと、
歯科医院でない場所で、
歯科医師ではないのに、
歯石除去をするのと同じことになります。
法律上も危ない気がするが、
どうなのだろう。
実際の有効性にも
疑問しかない。
例えば、こんな実例があります。
定期的に、
無麻酔で歯石除去をしていたそうです。
歯の写真 2
口の中を見てみると、
確かに、歯石がない。
素晴らしい。
いや、でもよく見ると、
歯茎がけっこう後退しています。
歯の写真 2 ペイント
本来の歯茎のラインは、
緑の線で示したところです。
結構、歯根(歯の奥)が露出しています。
口臭もあります。
実際に、歯と骨がどうなっているのかというと・・・
徳力 歯 3D
こんな感じです。
特に、上の顎の骨が溶けて
歯がグラグラになっています。
徳力 歯 3D ペイント
赤で囲ったところです。
歯の形がはっきり見えるくらいに、
顎の骨が溶けてなくなっています。
最初の写真のように、
見た目の歯石はないようにできても、
歯周病の進行は止められていません。
むしろ、
見た目がわりときれいになっているものだから、
本来の治療の機会を失っているのです。
知らない間に、余計に進行していたのです。
動物病院以外での、無麻酔での歯石除去はやめましょう!