ブログ

Blog

2020.11.03

献血の手技 その1

むかーし、むかし、

輸血の必要があれば、
注射器で血液を抜いて、
そのまま点滴で輸血をする
みたいな時代があったそうな。
私たちの病院では、
献血をする際は、
輸血専用のバッグを使用しています。
輸血バッグ
献血協力のワンちゃんには、
麻酔をかけることが多いのですが、
一定量の献血液をこのバッグに入れます。
輸血 直後
採血しながら、
重さを測り、
一定量を採血します。
この「全血」を輸血に使用する場合も
ありますが、
「分離」して
「血球成分」「血漿成分」に分けて保存します。
遠心分離
このような、
大型の「遠心分離機」
血液バックを入れて、
回転させ、
重さによって
「血球成分」「血漿成分」に分離します。
つづく