ブログ

Blog

2020.11.04

献血の手技 その2

採血した血液を

そのまま用いることもありますが、
緊急でない限りは、
「血球成分」「血漿成分」とに分離して保存します。
「全血(分離していない状態)」よりも、
保存期間が長くなります。
輸血 全血
「血球成分」はこのように
濃い血液の色になります。
左がそれで、
右の管みたいなのに入っているものも同じものです。
右のものは、
輸血をする際に、
拒絶反応を起こさないか検査するために
小分けにしています。
検査して、
拒絶反応しないことを確認してから、
バックを開けて
輸血を行うようにしています。
血清
こちらが「血漿成分」です。
体の中の、
タンパク質成分が少なくなるワンちゃんなどに
投与します。
同じように、
拒絶反応の検査用に
管に少量入れたものを
準備してます。