ブログ

Blog

2020.09.21

獣医師の成長 その3

今回はCT検査のお話をしていますが、

手術にしても、
そもそも診察にしても、
最初の実践に何を選ぶか
悩ましい問題です。
村田の後ろ 2
CT検査に関して言うと、
私個人の意見ではありますが、
最初の実践として、
門脈体循環シャントを疑う場合か、
脾臓腫瘤の精査を行う場合か、
そのあたりが妥当ではないかと思います。
門脈シャントの場合には、
「異常な血管の有無」を
手順に沿って検索します。
手順が決まっているので、
ミスが少ないように思います。
脾臓腫瘤は、
まず脾臓腫瘤の様子で、
だいたい悪そうなのかを判断します。
そして、腫瘍の可能性もあるので、
主に肺や肝臓などへの
転移の有無を調べます。
調べる場所がある程度特定されるので、
ミスは少ないように思います。
今回は、
門脈シャントを疑っているようなので、
しっかり手順に沿って調べてもらいます。
もちろん、
後でチェックはしますよ。