ブログ

Blog

2020.08.03

獣医師の教育 その2

今回のテーマは、

「おいおい、診断がぬけてるぞ

です。
処置風景
私たちの病院では、
新人獣医師が診察に出始めると、
先輩獣医師に相談・確認を
必ず行うように指導します。
最初のうちは、
診察行く前から一つ一つの指示をだして、
検査の合間や説明に行く前にも指示をだして、
診察を進めていきます。
少し慣れてくると、
指示を出さなくても
主訴(なぜ飼い主さんが診察に来たのか)の聞き取りをして、
検査内容を決めて、
検査を行い、
その結果を踏まえて、
相談に来るようになります。
その際に、多いのが、
「この症状で、検査をしたら、検査結果がこうだったので、
 この薬を出そうと思います。」
というパターンです。
これこそが、
「おいおい、診断がぬけてるぞ」
なのです。
そうなんです、診断が抜けているのです。
主訴 → 検査 → 治療
になっているのです。
そもそも、
こういう場合には
類症鑑別も抜けていることが多いので、
検査も妥当ではないことが多いのです。
ここは、仮診断でも
もちろん構わないので、
「診断名」をカルテに書くことを
義務付けます。
診断名を挙げることで、
診察過程の曖昧さを
減らしていくことができます。