ブログ

Blog

2020.08.04

獣医師の教育 その3

これも、あるあるなのが

「セミナー行った後は、そればっかり疑うよね」
です。
レントゲンを見ている
われわれ、獣医師は、
大学を卒業してからも
ずっと勉強を続けているのです。
専門誌を読んだり、
学会に参加したり、
セミナーに参加したり。
最近は、コロナの影響で、
webセミナーばかりになっていますが。
さて、
特に新人の獣医師は
吸収することが多く、
お話上手な講師のセミナーに参加すると、
強く影響を受ける傾向があるように思います。
つまらないセミナーの影響は小さく、
面白いセミナーの影響は大きい。
講師の先生に、
「こういう病気があって、
 普段疑っていないから、
 見逃していることも多い」
なんて話を聞いてきた日には、
その病気ばっかり疑う獣医師がいるんです。
「実はこんな病気が隠れている」
疑うべきですが、
「よくある隠れていない病気」から
考えるべきでしょう。
学んだことを
実践で活かそうとするのは
良いことですが、
無駄な検査にならないように。