ブログ

Blog

2020.08.06

獣医師の教育 その4

「わかってきたと、思い出したら要注意だぞ」

処置 採血
外来診察に出だしたころは、
わからないことばかりなので、
先輩獣医師に確認することが多くあります。
しばらくして、
外来にも慣れてきて、
自分だけで診断できることが
増えてきます。
そのあたりに、
落とし穴の出来ることが
あります。
経験で診断ちがちになるのです。
以前、このブログでも紹介しましたが、
診断法にいつくかあるうちの
「狙い撃ちしていく」
に傾きがちになるのです。
もちろん、
当たる時もあるでしょう。
でも、外れる時が必ずあります。
だから、
「類症鑑別の可能性が高いものから疑う」
ことを忘れてはいけないのです。
だいたいは、
「狙い撃ち」で痛い目を見て、
初心に帰っていくのです。
もちろん、
「痛い目」を見なくて済むように、
指導できるかが先輩獣医師の責任でもあります。