ブログ

Blog

2020.08.09

獣医師の教育 その5

「再診なんでかけないの」
手術準備の後ろ姿
検査して、診断して、治療して、処方して、
再診かけるまでが診察です。
特に、
若い獣医師には
再診をしっかりかけるように
指導しています。
自分の見立て通りに
状態が変化するかを
自分の目で確かめるべきだからです。
それが、
「経験」になっていくのです。
診断しっぱなし、
治療しっぱなし、
処方しっぱなし、
よりも・・・。
シャンプーを治療として行う場合は、
週2回のシャンプーを
2週間試してみる。
つまり、2週間経過してから
再診をかけるのが理想的でしょう。
的確な時期に、
治療効果を判定したいものです。