ブログ

Blog

2020.08.11

獣医師の教育 その6

「違和感あるでしょ」
手術準備 2
診察にある程度慣れてくると、
先輩獣医師への相談や報告が
変化してきます。
最初は、
「こういう主訴なんですど、どうしたらいいですか?」
から
「こうだと思うので、こうしていこうと思います」
というように
相談から確認へと内容が変わっていきます。
成長ですね。
さて、
「こうだと思うので、こうしていこうと思います」
の段階では、
完全に違うだろうと思わない限り、
本人の診断通りに進めてもらいます。
ただ、
治療過程で上手くいかないことも
多々経験します。
その時に、
主訴からの診断、診断からの治療、治療経過、
どこかに問題があるはずです。
一から考え直すのが鉄則ですが、
どこかに「違和感」があることが多いのです。
それは、
明らかなものである時も
なんとなくである時も
あります。
常に、
この診断で正しいのか、
この治療で正しいのか、を
考えながら、
そこで感じる「違和感」
無視しないことが重要です。
「いやー、おかしいとは思ったんですが、同じ治療をしました」
って、
それアカン!