ブログ

Blog

2020.08.25

百聞は一見に如かず その1

CT検査の有用性の一つに、

「視覚に訴える」があります。
獣医師が検査上
得ている情報を
飼い主さんにどれだけ理解してもらうかが
重要な時があります。
言葉で説明するよりも
見てもらう方が早い!
例えば・・・
腎臓 左右差_001
これは、腎臓のCT画像です。
普通、腎臓は左と右にありますが、
ほぼ大きさは変わりません。
「左の腎臓が小さくなっていて、右の腎臓の半分しかありません」
これでも伝わるかもしれませんが、
家で家族に話す頃には、
「左の腎臓が小さいんだって」
くらいになっているかもしれません。
写真で見せると、
「全然大きさ違うじゃん」
と伝わるでしょうか。