ブログ

Blog

2020.05.06

睾丸が1個しか見つからない話

雄のワンちゃんで、通常であれば、

陰嚢に睾丸が2個あります。
たまに、1個しか触れない場合や、
ごくたまに、陰嚢の中に睾丸がない場合があります。
例えば、こんな感じです。
睾丸1
これもCT画像3Dに構成したもので、体を斜めしたから見た図です。
赤矢印で示したところが、陰嚢で、睾丸が1個しかありません。
睾丸2
皮膚をほぼ透明にしてみました。
赤矢印で示した、緑の塊が睾丸です。
やはり1個しかないですね。
「あれ?よく見るとお腹の中にも緑の影が見えるような・・・」
睾丸3
黄色の矢印で示したところです。
睾丸4
わかり易いように、内臓を除いてみました。
やはり、お腹の中にもう1個の睾丸がありました。
これは、陰睾もしくは停留睾丸といって、
本来の陰嚢の中に睾丸がない状態を表します。
この睾丸は、腫瘍になり易いとも言われているので、
手術で摘出した方がよさそうです。
陰嚢内のすぐにわかる睾丸よりも、お腹の中にある場所が分かりにく睾丸の方が、
摘出する必要性がずっと高いようです。
なので、睾丸は通常、2個あります。