ブログ

Blog

2021.02.22

糖尿病にご注意を

ネコの糖尿病は、

ヒトの糖尿病と似たようなところが多いと言われます。
インスリン
例えば、
肥満だと糖尿病になりやすい、とか。
そんな糖尿病も、
もしなってしまったら、
早めに見つけて、早めに治療を開始した方が良いに決まっています。
ただ、
糖尿病に限らず、
「ちょっと最近だるいわ~」とか
「なんか最近疲れやすいわ~」とか
言ってくれないので、
見つかった時には、けっこう重症
なんて時も多いのです。
私たちが読む教科書には、
「糖尿病になると水を飲む量が増えるので、
 飲水量が増えたなら、糖尿病を疑う。」なんてことが書いてありますが、
実際の診察で、
飲水量の増加から、糖尿病を診断することは、
経験上はそんなに多くないように思います。
それよりも、
かなり悪くなって、食欲もなくなって、結構痩せてて、ぐったりしていて
検査をすると糖尿病からだろう、とかも多く診てきました。
あとは、逆に、
症状は全くないけれど、
健康診断の血液検査でたまたま見つかるなんてケースもあります。
飲水量で糖尿病を見つけられない理由の一つには、
自宅で飲水量を測っていないことも
大きな理由ではないでしょうか。
飲水量測定は、
結構大切だと思うのです。