ブログ

Blog

2021.07.16

股関節の病気 ~骨頭切除という手術~

骨頭切除術

股関節脱臼や股関節の変性がひどい等、
股関節に問題がある場合に
骨頭切除(こっとうせつじょ)という手術があります。
簡単に言うと、太ももの骨と骨盤をつないでいる骨頭を
切り離してしまう手術です。

実際の手術後

骨頭切除 1
このように骨盤と大腿骨(だいたいこつ)が、切り離されているようになる手術です。
左右を見比べてください。
大腿骨や足の位置は左右対称になっているでしょ。
股関節脱臼 骨頭切除
こちらもどうでしょうか。
骨頭は切り取られていますが、左右の足の位置は左右対称になっています。
骨を切り取るという大胆な手術ですが、
手術後しっかりとリハビリをすれば、
少なくとも手術前よりもしっかりと歩けるようになります。
十分に回復すると、散歩していて
「あっ、あの犬骨頭切除されているな」とはわからないまでになります。
手術をしてからしばらく経過したワンちゃんを診察をしていても、
「あっ、そういえばこのこは骨頭切除をしたんだった」とカルテを読み返して
やっと気付くような時もあるくらいです。
この手術を説明する時に、
「そんなことして歩けるのですか」ってよく聞かれます。
確かに、骨を切り落とすってなかなか野蛮に聞こえますから。