ブログ

Blog

2021.02.16

股関節脱臼 その2

さてさて、

股関節脱臼にはどのような治療法が行われるのでしょうか。
非観血的整復(ひかんけつてきせいふく)という方法があります。
非観血的とは、
血を見ない、つまりは、切ったりしない、すなわち、外科手術をしないということです。
簡単に言うと、
足を引っ張って、外れている股関節をはめましょう、という方法です。
この方法で、治る場合もあります。
が、すぐに外れる場合の方が多いように感じます。
あとは、
手術です。
人工関節という方法があります。
ヒトと同様ですね。
ワンちゃんでは、なかなか出来る病院は少なく、
また、費用もそれなりです。
外れないように、
ワイヤーで留めるような方法もあります。
最後に、
骨頭切除(こっとうせつじょ)という方法です。
若干野蛮に聞こえるかもしれませんが、
外れてしまっている股関節の骨(骨頭)を切ってしまうという方法です。
股関節脱臼 整復
これは、「その1」でご紹介した
股関節脱臼のワンちゃんに対して、
骨頭切除を行った、術後のレントゲン写真です。
股関節脱臼 整復 ペイント1
オレンジの方は、正常の足です。
緑の○の中を見てもらうと、
オレンジの〇の中とは違って、骨頭がありません。
股関節脱臼 整復 ペイント2
緑の線のところで、
切り落としたのです。
「こんな手術して、歩けるの?」って思いませんか?
実際は、けっこうしっかり歩けます。
リハビリもして、筋肉をしっかり付けたら、
町を散歩していても気付かない程度になります。
案外合併症も他と比べて少なく、
経過も良かったりします。