ブログ

Blog

2020.10.25

肺の異常

「肺」は、

レントゲン写真でも診断できることは多いし、
手軽に撮影できます。
CTでは肺の様子を、
レントゲンよりもより詳しく知ることができます。
特に、
転移など肺癌の確認には
とても有用です。
ただ、
CT検査のためには
全身麻酔が必要であり、
肺に疾患を持つ動物の場合、
麻酔のリスクが高い場合も多く、
CT検査したいけど、できない
なんてことも多いのが現状です。
肺 出血
例えば、
これはワンちゃんの胸のCT画像で、
肺の様子を見ています。
肺は、
(よう)」と言って、
いくつかの房に分かれています。
肺 出血 ペイント
緑で囲った「葉」は、
問題なさそうです。
しかし、
オレンジで囲った「葉」には
異常があります。
「肺」は、通常空気をたくさん含んでいます。
CTで、空気は黒く見えるので、
緑で囲ったところは、
空気を含んでいて、「黒い」ので
問題ないとなります。
オレンジのところは、
白くなっていて、
黒い丸のようなものが点々としています。
白く見えるのは、
液体を含んでいるためです。
黒い丸は、「気管支」という
空気が通る管です。
オレンジの肺は、
空気ではなく液体で白くなっている
ということになります。
CTでは、
この液体が何かまではわかりません。
ただ、ちなみに、
このワンちゃんは交通事故にあったので、
液体は血液だと予想されます。
つまり、
肺の出血でしょう。